特殊な資格に関する情報

  • 学習を習慣化する
  • 資格は取っておこう
  • 資格に合格する方法
  • 新着情報

    危険物の取り扱い資格

    ガソリンスタンドなどで多く使用されていて、一般的にも認知されている資格があります。それは、危険物取り扱いです。これは、消防法に規定されている物質を取り扱う時に必要になるために国が認めているものです。取扱者保有証明については、総務大臣の指定する者が行うことになっているために、実際には各都道府県知事が試験を行い、免状の交付を行っています。分類として、甲種、乙種、丙種と分かれています。甲種は、6分類のうちすべての分類について取り扱うことが出来る最上級の者となります。この資格を取得するには、大卒や実務経験なども必要になります。また、一般的には乙種の各分類を順番に取得する事が多いです。

    クリエイティブ

    危険物取扱者の資格について

    危険物取扱者の資格を取るための試験は、あらゆる危険なものを集めた「甲種」、第一類から第六類まで細かく分かれた「乙種」、ガソリンや灯油、軽油などの「丙種」の三種類あります。具体的な「乙種」は、第一類は酸化性固体、二類は可燃性固体、第三類は自然発火性物質及び禁水性物質、第四類は引火性液体、第五類は自己反応性物質、第六類は酸化性液体となっています。ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリーなどの施設には、危険物取扱者の資格を持った職員が必要です。就職で有利になること、および職場で優遇されることは間違いないでしょう。